嫁は看護師ブログ

看護師との結婚生活を書くブログ。看護師裏話、ナースの実態、付き合い方のコツなど楽しく笑えるネタが中心。白衣の天使は病院だけ!家ではまともに看護してくれません。そんな看護師との生活がわかる楽しい日記です。

痔かと思ったら尾てい骨が骨折(ヒビ)していた件

僕は嫁にずっと隠してきた。

僕は"痔"なんじゃないか?

ということを…

僕は痔なのか…?

半年前にサイクリングをしてから、長時間イスに座るとお尻が痛むようになった。尾てい骨が痛む感じ。「ちょっ、これってもしかして痔?マジかよ…」と、ひそかに悩み内心落ち込んでいた。

 長時間イスに座るとお尻が痛む

認めたくなかった。
だってそんなダサい病名いやじゃん。

でも昨日またしても痛くなったので、思い切って看護師の嫁に相談してみた。

 

看護師の嫁に"痔"の相談

「もしかしたら痔かもしれん…」

でる

 

「どしたの?」

看護師の嫁

 

「ここの尾てい骨のとこが痛むんだよ。押したら痛い」

でる

 

「ほう!」

 看護師の嫁

 

なぜか目を輝かせる嫁。これまで痔の患者を何人も見てきたらしい。こっちは恥ずかしいんだっつーの。

 

「どれどれ…ここ?」

看護師の嫁

 

「イテテ!」

でる

 

「ははーん。これは痔じゃなくて尾てい骨が骨折してるんだと思うわ」

看護師の嫁

 

「え!骨折!?」

でる

 

尾てい骨が骨折!?

「うん。あなたって椅子に座るときすごく浅く座るでしょ。だからちょうど尾てい骨がイスに当たって痛くなるんだと思う」

看護師の嫁

 

「なるほど。確かにそうやって座ってるわ」

でる

 

「自転車の件で骨折したのかもしれないから、しばらく自転車は禁止ね。座るときもまっすぐ座ること

看護師の嫁

 

「はーい。骨折はどうしたらいいの?」

でる

 

「ヒビかもしれないけど、座り方に気を付けて様子を見るしかないよ。これは治しようがないから」

看護師の嫁

 

まさに水を得た魚のようだった。

 

驚くほど的確で納得のいく答え。
さすがは看護師である。

僕としても尾てい骨は痛いけど痔でなくてひと安心。やはり看護師が一家に一人いるとほんと頼りになる。

と言うわけで以上、嫁が看護師で良かったと思った出来事でした。

<関連記事>
尾てい骨が痛い!痛む原因と簡単な治し方