1月 252013
 
[記事公開日]2013年1月25日
[最終更新日]2016年6月27日

片付けられない看護師嫁に進んで洗い物をさせる方法

過去にも書いたが、看護師の嫁は「片付ける」という能力が欠如している。出したら出しっぱなし、使っても元に戻さない、ごみは机の上に投げっぱなしで堂々としている。

過去の関連記事


Ads


片付けられない看護師の嫁に進んで洗い物をさせる方法

僕はこれまで何度も改善を訴えてきた。しかし片付けては散らかるの繰り返しで、なかなか満足な成果を上げることができなかった。

それが最近ちょっとしたきっかけで、ある改善が見られたのである。

 

なんと洗い物をためずにすぐ洗うようになったのだ!

(ノД`)

 

あきれるかもしれないが、我が家にとっては大進歩である。あまりにも嬉しいのでブログに書いておこうと思う。

 

洗い物がたまる毎日

我が家は料理道具と食器洗いを翌日に回すことが多かった。そして翌日は、たまっている洗い物を見て作る気がなくなり、外食になるパターンが多かった。ひどいときは3日ぐらい洗い物が放置されるときもあった。僕が洗おうとしても、「私が洗ってないみたいじゃないの!」と言って洗わせてくれない。

これは嫁が悪いのではない。それでも積極的に洗おうとしなかった僕に責任があるのだ。

 

使い終わった食器をすぐ洗おうと決めた

今年になって僕はある目標を立てた。料理道具は料理中になるべく洗ってしまうこと。そして食事が終わったらすぐ食器を洗うこと。コーヒーを飲んだコップだけでもすぐに洗うこと。とにかくすぐ洗うこと。

これをコツコツと毎日実践した。嫁が料理を作るときは、使い終わった道具をすぐに洗ってあげた。食後の皿洗いも率先してやった。

 

自分で洗い始める嫁

すると驚くべき変化が起きた。なんと嫁が料理を作りながら、使い終わった鍋などを自分で洗っているのだ!さらにコーヒーカップなども飲み終わったら素早く洗うようになったのである。

嫁に強要するつもりはなかったし、洗い物は自分がやろうと思っていたのでこれには驚いた。一日だけだろうと思っていたら、もう何日も継続している。嫁に心境の変化を聞いてみた。

「すごいじゃないか。どうしたの?」

でる

 

「あなたのまねしてるの」

看護師の嫁

 

「えっ」

でる

 

この一言がどれだけ嬉しかったことか。

 

北風と太陽

そうか。これは北風と太陽だ。やってくれといくら言っても聞きやしない。ならば自分からやるように仕向けてやればいいのだ。このケースで言えば、僕がすぐに食器を洗うことで、嫁も自分もやらなきゃという気持ちになったのだ。

D・カーネギーの名著「人を動かす」にも書いてある。

人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。この事実に気づいている人は、はなはだ少ないように思われる。しかし、人を動かす秘訣は、間違いなく、一つしかないのである。すなわち、みずから動きたくなる気持を起こさせること――これが秘訣だ。

 

今回は狙わずして良い結果を得た。この経験を生かしてこれからは感情的にならず、何事も包み込むように嫁に接していこうと思うのであった。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認