手話通訳士の特徴と資格の取り方

 

手話通訳士

聴覚障害者の社会参加を阻む障壁を解消し、社会への完全参加と平等を実現することを目的に、聴覚障害者と健聴者との懸け橋となる役割をになう仕事。

ボランティア活動などで手話の技術を生かしている人も多い中、非常に高いレベルの技術をもつ人が認定されている資格。

手話通訳士は福祉施設、学校などの公共施設、自治体などで幅広く活動している。

試験日程
申込受付期間:毎年5~6月
試験:毎年10月
試験費用
受験料:18,000円
問い合わせ先
社会福祉法人聴力障害者情報文化センター公益支援部門

 

看護師の資格覚え書へ戻る

手話通訳士

手話通訳士についてコメントをどうぞ

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



更新情報はツイッターかフェイスブックで





カテゴリメニュー



タグメニュー



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認