性暴力被害者支援看護職の特徴と資格の取り方

 

性暴力被害者支援看護職

性暴力被害者支援看護師・助産師・保健師は、性暴力被害者への幅広い活動を行う専門職として、アメリカやカナダでは30年以上前から養成されている。

認定者は、ドメスティックバイオレンス、子供への性的虐待、レイプなどの被害にあった子供や女性に対し、状況判断や問題の発見、証拠採取、他職種や関係機関への照会、調整などの初期対応を期待されている。

試験日程
講座開催期間:毎年7月、11月、2月の3回(1回あたり2日間)
試験費用
受講料:会員は50,000円、非会員は60,000円
問い合わせ先
特定非営利活動法人女性の安全と健康のための支援教育センター

 

看護師の資格覚え書へ戻る

性暴力被害者支援看護職

性暴力被害者支援看護職についてコメントをどうぞ

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



更新情報はツイッターかフェイスブックで





カテゴリメニュー



タグメニュー



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認