認定心理士の特徴と資格の取り方

 

認定心理士

カウンセリングやメンタルケアについて勉強できる大学が増加している。

しかし、心理学関係の名称を持つ学科が、必ずしも「心理学」を専門的に取り扱っているとは限らないのが現状。

このような現状で認定心理士は、心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力と、技能を習得していると認定を受けることができる。

試験日程
大学で所定の科目の単位を取得したのち、申請書類を提出。審査に通過するとにんていされる。
試験費用
審査料:10,000円
認定料:30,000円
問い合わせ先
社団法人日本心理学会

 

看護師の資格覚え書へ戻る

認定心理士

認定心理士についてコメントをどうぞ

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



更新情報はツイッターかフェイスブックで





カテゴリメニュー



タグメニュー



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認