医療メディエーターの特徴と資格の取り方

 

医療メディエーター

問題の解決に向けて当事者間の対話を促進し、納得いく創造的な合意と関係再構築を支援するのがメディエーター(対話仲介者)である。

医療メディエーターは、院内での苦情や事故後の初期対応にあたってメディエーションのモデルを活用し、患者側と医療側との橋渡し業務を行う。

講習を受講したのち、日本メディエーター協会に登録することで認定を受けることが出来る。

試験日程
講習:年間を通じて全国各地で実施
試験費用
登録日(会費):年6,000円
問い合わせ先
社団法人日本医療メディエーター協会

 

看護師の資格覚え書へ戻る

医療メディエーター

医療メディエーターについてコメントをどうぞ

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



更新情報はツイッターかフェイスブックで





カテゴリメニュー



タグメニュー



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認