不妊カウンセラー・体外受精コーディネーターの特徴と資格の取り方

 

不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター

不妊カップルが自分たちで判断して、最適の不妊治療を受けられるように、カップルと一緒に考えるプロセスが不妊カウンセリング。

ここで必要な基礎知識と応用能力を認定するのが不妊カウンセラーの資格になる。

体外受精コーディネーターは、ART(生殖補助技術)のステップや問題点、成績などについて理解しており、患者さんと様々な医療職種間をコーディネートできる能力を認定している。

試験日程
認定試験:毎年12月~翌3月
試験費用
15,000円
問い合わせ先
NPO法人日本不妊カウンセリング学会

 

看護師の資格覚え書へ戻る

不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター

不妊カウンセラー・体外受精コーディネーターについてコメントをどうぞ

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



更新情報はツイッターかフェイスブックで





カテゴリメニュー



タグメニュー



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認