福祉レクリエーション・ワーカーの特徴と資格の取り方

 

福祉レクリエーション・ワーカー

福祉レクリエーション援助の専門家として、福祉施設内における健康・生きがいづくりを支援する様々な活動の企画・準備・運営を行う。

地域社会では、ボランティアの養成やコーディネートを行う。

このほかに、地域と福祉施設をつなぐ、行政に対して提言を行うなど、活動範囲は多岐にわたる。

講座を受講し、審査会に合格することで認定を受けることが出来る。

試験日程
受講申込および講座開講:いつからでも受講可能
※ただし学習開始時期により学籍期間が若干変動する(2年半~3年)
試験費用
受講料:70,000円(所定の資格保有者は割引あり)
問い合わせ先
財団法人日本レクリエーション協会

 

看護師の資格覚え書へ戻る

福祉レクリエーション・ワーカー

福祉レクリエーション・ワーカーについてコメントをどうぞ

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



更新情報はツイッターかフェイスブックで





カテゴリメニュー



タグメニュー



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認