学会公認ヘルスカウンセラーの特徴と資格の取り方

 

 

学会公認ヘルスカウンセラー

個人のウェルビーイングを促すカウンセリングの臨床実践能力を持つことを認定した資格。

身体化、精神化、行動化している悪性ストレスの気付きを促し、それを解消する本来の自分の生き方を支援する。

研修はベーシック、アドバンス、SOM(Self-Growth-oriented Master)、POM(Procedure-oriented-Master)の4種類がある。

試験日程
研修:年間を通じてベーシック、アドバンス、SOM、POMの各コースを東京近郊、大阪、福岡、仙台、北海道で開催
試験費用
研修費用(2日間コース)
ベーシック:会員26,250円、非会員31,500円
アドバンス、マスター:会員31,500円、非会員36,750円
※学会会員費:5,000円
問い合わせ先
筑波大学発ベンチャー株式会社SDS

 

看護師の資格覚え書へ戻る

学会公認ヘルスカウンセラー

(出典:ナースの働きかたハッピーガイド/メディカ出版)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



更新情報はツイッターかフェイスブックで





カテゴリメニュー



タグメニュー



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認