12月 192016
 
[記事公開日]2016年12月19日

普段は風邪くらいではあんまり心配してくれない看護師の嫁。

でも、こないだ僕が立ちくらみ等でフラッとよろけた時に「ちょっと!どうしたの!?」とすごく驚いて心配してきた。

先日あるあるでも書いたがこれは一体何なのか?


Ads


立ちくらみと看護師

とある日曜日のこと。

朝テレビを見ていて「そろそろお昼食べに出かけようか~☆」と立ち上がった瞬間に軽く立ちくらみがした。ずっと座ってて立ち上がると重力で血が頭に上がらなくてクラッと来ることがある。

不意に来たので壁に手をついてバン!と大きな音がしたんだけど、看護師の嫁がすごいびっくりしていつになく緊張感のある声を出した。

 

「えっ!?ちょっと大丈夫!?」

看護師の嫁

 

「えっ!(ドキッ)いや、ちょっと立ちくらみしたわ」

でる

 

「ああ・・もうびっくりしたー」

看護師の嫁

 

「いや~別に」(・・?)

でる

 

なんなの?

ちょっと立ちくらみしただけなのになんでそんなに驚くの?結婚して7年になるけどこんなに心配した緊張感のある声を聞いたのは初めてかもしれない。

 

風邪をひいた時の看護師の嫁

ちなみに普段の看護師の嫁はこんな感じである。

 

僕「なんか風邪ひいたかも」

でる

 

嫁「ふーん」←テレビに夢中

看護師の嫁

 

僕「頭が痛いんだけど?」

でる

 

嫁「ふむ」←大丈夫くらい言え

看護師の嫁

 

僕「おい薬くれ」

でる

 

嫁「えー薬なんかいらないよー」

看護師の嫁

 

僕「いいから薬くれってばよ!」

でる

 

嫁「わかったわかった。はいこれ飲んで」

看護師の嫁

 

 

 

 

 

ロキソニン

 

 

「ロキソニンじゃねーか!これじゃなくて風邪薬くれよ」

でる

 

「いいからこれで飲んだら治るから。ロキソニンは魔法の薬なんだから」

看護師の嫁

 

「ホントかよ・・」

でる

 

こんな感じで風邪ごときでは心配のかけらもないのである。おまけに看護師の嫁はロキソニンでなんでも治ると思ってるから困る。

そんな嫁が、今まで聞いたことないような声で心配してくる。逆にこっちが心配になるじゃねーか。

( ´Д`)

 

転げそうな人に反応するのは看護師の脊髄反射

後で聞いてみたら、フラついて転けそうになってる人に「大丈夫?」と声をかけたり支えるのは看護師として脊髄反射的な行為らしい。転倒は非常に危険なことなので、患者がそうならないように常に気を付けているそうだ。

あとは僕が倒れるような重い病気じゃないかとも普通に心配してくれたらしい。今のところ至って健康だけどね。

猫

やっぱりこういう所が看護師なのかな。

普段はもっとやさしくして欲しいと思うけど、大事な時にはこうして心配してくれるんだとわかってちょっと嬉しくなったのでした。

(o´∀`o)ノ

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (2)
  1. 写真のネコさんのように、普段はボーっとしてても、
    常にいざの時、瞬時に動ける反射能力をお持ちなんですね。
    なるほど。

  2. いつも楽しく読ませていただいています。
    看護師は患者さんが1人で勝手に転んでも発見者がアクシデントレポート書かなきゃいけないので、転倒には敏感になりますよ…^_^;

コメントを書く



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認