5月 152016
 
[記事公開日]2016年5月15日
[最終更新日]2017年11月19日

嫁はヘルニアで入院治療したことがある。

いい機会なので今日はその時の様子を書いてみたいと思います。

腰痛記事が続いてしまい申し訳ないのですが、よかったら読んでやって下さい。


Ads


「腰が痛い」

病棟勤務の看護師である嫁は、毎日のように患者の移乗や体位変換をしていた。

ある日嫁が帰宅するなり「腰が痛い」と言ってきた。推定100kgオーバーのヘビー級患者を支えていて痛めたらしい。

その時は「気を付けろよ」としか言えなかったが、仕事のために身を粉にして働く嫁がかわいそうでならなかった。

 

二週間ぐらいたった頃、また「腰が痛い」と言ってきた。例のヘビー級の患者の担当日だったのでまた痛めたという。

僕はやりきれなかった。どうして嫁はこんなに体を壊してまで頑張るのか。頼むから自分を犠牲にしないでくれ。

語弊があるかもしれないが、僕にとっては患者の命より嫁の命の方が圧倒的に大事だ。自分の命を削って人の看護をするなんてすごいとは思うけど正直どうかしてると思う。

 

でも頑張っている嫁を傷つけたくないし「やっぱり無理するなよ」と言うしか出来なかった。

 

不意のくしゃみ

それからも嫁はロキソニンを飲んで痛みをごまかしながら働いていたが、ある日とうとう「コルセットを買いたい」と言い出した。

さすがにヘビー級の患者は他の人に頼んでいるそうだが、もう普通の仕事をするのもつらい状態らしい。同僚の看護師が気づかって色々手伝ってくれた。みんなに支えられてなんとか働いていた。

 

でも、嫁の腰は限界だった。患者より自分の看護が必要な状態だった。ロキソニンとコルセットを併用してなんとか働いていたが、とうとうその日はやってきた。

不意にくしゃみをしてしまい、嫁は崩れ落ちるようにその場に倒れた。すぐに立ち上がることも出来なかった。腰痛持ちにとって不意のくしゃみは非常に危険なのである。

 

病院から「動けないから迎えに来て欲しい」と電話があった。すぐに飛んで行くとなんとか笑顔を作る嫁がいた。今思い出しても泣けてくるとても痛々しい表情だった。

周りの看護師さんに礼を言い、嫁の肩を支えて連れて帰った。

aaa200

 

椎間板ヘルニア

その日から嫁は2、3日仕事を休んだ。さすがに動けないし自宅療養ということになった。

自宅での嫁はそろりそろり動く感じだった。ご飯を食べるのもゆっくりで年寄りのような動きだったが少しずつ良くなっていった。

 

しかし事態は更に悪化する。

冷蔵庫にお茶を取りに行こうとしていた嫁はまたしても不意にくしゃみをしてしまった。「・・!!!」嫁は声にならない声とともにその場に倒れこんだ。

すぐに救急車を呼ぼうとするが「寝てれば治るから大丈夫」と言うのでとりあえず布団で寝かせる。

 

しばらく落ち着いていたが夜になって痛みがひどくなり、とうとう座薬を入れた。

それでも痛みが治まらず少し体を動かすだけで悲鳴をあげるようになった。救急車を呼び、救急隊員の方がものすごく時間をかけて苦労してストレッチャーに乗せてくれた。

夜遅くだったが以前から腰痛の相談に乗ってくれていた嫁と同期のドクターが連絡を回してくれて、知り合いの整形外科の名医が夜間対応してくれた。診断結果は椎間板ヘルニアだった。

 

その日から嫁は入院した。あんな弱った嫁を見るのは初めてだった。検査などでベッドからストレッチャーに移乗するときはとても痛そうだった。

幸いにも治療はうまくいき、ブロック注射によって痛みがずいぶん緩和した。一週間後、嫁は退院した。

 

退院した嫁はしばらく自宅療養した。僕は箸以外の全てのものを持ってやった。少しでも重いものは持たせるわけにはいかなかった。階段を降りるときもそろりそろり嫁を支えながら降りた。

しばらくするとずいぶん良くなった。

油断はできないがほぼ完全に元の生活が出来るようになった。

嫁は職場復帰し元気に働いている。

看護師

★ ★

腰痛は本当に怖いです。

助けくれた同僚や同期のドクター、救急隊員の方、病院の先生に看護師さん、リハビリの方、すべての人に感謝です。

今は元気な嫁ですがいつまた痛くなるかわかりません。

みなさんも腰痛、そして不意のくしゃみには気を付けてください。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (11)
  1. 緊張が限界に達するとくしゃみでもぎっくり腰になります。実際職場の同僚がなってしまった。

  2. くしゃみで、ぎっくり腰になりました。失敗した!と思った時にはもう遅いですよね…

  3. いつも楽しく読ませていただいています。 まだ、動けなくなるような腰痛の経験はないのですが、いつ、そうなるか不安です…

  4. 旦那が急患で運ばれてきた患者さんの対応をしていて椎間板ヘルニアになりましたストレッチャーから病室のベットに移動させる際です

  5. 体位変換で腰いわしたことは何回もありますけど、それに加えて手根管症候群と座骨神経痛に肋間神経痛もあり、満身創痍ですが、なんとか生きてます(笑)

  6. ぎっくりまではありませんが、妊娠&体交&クシャミとかはかなり危険です(>_<)

  7. 今年の春で看護師2年目になりました!腰痛はベテラン主任さんの話かと思っていましたが、私も腰、痛いです(泣)

  8. 移乗中に腰をいためました。それ以来移乗は、2人以上でします

  9. くしゃみで痛めたことはありませんが、ヘルニア持ちなのでいつ動けなくなるか怯えて仕事しています

  10. 台車を押していて くしゃみでギックリ。5日間安静。

  11. 看護師で2回手術した。2回目は再発。調子に乗って早めに復帰したのと、重労働じゃないと思っていたのが実は重労働だった。前にやった反対側の神経の癒着と新しく飛び出ていた箇所があった。

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認