9月 082015
 
[記事公開日]2015年9月8日
[最終更新日]2016年6月28日

担当だった患者さんが亡くなる。

嫁から何度もそういう話を聞いたけど、その度にどういう反応をしていいのわからなくて、「そっか」としか言えなかった。そして、あまりにも普通に話すので悲しくないのかな、麻痺しているのかなと思ったこともあった。

けどそれは違う。


Ads


看護師は患者の前で泣くのか?

新人看護師が、仲良かった患者さんが亡くなって思わず泣いてしまう話はよく聞く。

では今、中堅看護師となった嫁は患者の前で泣くのだろうか。

 

嫁に聞いてみると、

答えはYES。

 

今でも泣くことがあるらしい。

新人のころに比べると減ったけど、患者さんの家族の涙にもらい泣きすることは多々あるそうだ。

きっと多くの看護師さんが経験していると思う。

家

 

「今日も一人急変したんよ」

 

そう語る嫁の口調は一見普通だけど、実は心の奥にすごく大きな悲しみを背負っている。

決して普通の気持ちでしゃべってるわけじゃないのだ。

 

ごめんなさい。

僕たちはそれに気付いてあげないといけない。

もちろん全部は理解できないけど。

うんうんとうなずきながら話を聞いてあげようと思う。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認