12月 122014
 
[記事公開日]2014年12月12日
[最終更新日]2016年6月16日

こんにちは。でるです。

最近ちょっと懐かしい古き良き曲を聞いております。テープが擦り切れるような昔の音源。思わず感動で泣いてしまいそうです。

あまり音楽に詳しいほうではありませんがお気に入りの曲を紹介します。


Ads


Hymne à l’amour(愛の賛歌)

v

1950年にフランスのエディット・ピアフ(Édith Piaf)さんが歌った名曲。

なんなんですかね。この迫ってくる感じ。妻子のある男性のことを思って書いた曲で、日本語版の歌詞を見ながら聞くと更にいいです。

愛の賛歌(1949年)岩谷時子 訳詞
あなたの燃える手で あたしを抱きしめて    
ただふたりだけで 生きていたいの    
ただいのちのかぎり あたしは愛したい    
いのちのかぎりに あなたを愛したい    

頬と頬よせて 燃えるくちづけを 
かわす喜び かわす喜び    
あなたとふたりで 暮らせるものなら 
なんにもいらない    
なんにもいらない 
あなたとふたりで 生きていくのよ    
あたしの願いは ただそれだけよ 
あなたとふたり

かたくいだき合い 
燃える指に髪を    
からませながら いとしみながら    
口づけを交わすの 
愛こそ燃える火よ    
あたしを燃やす火 
心とかす恋よ

日本でも越路吹雪さんや美輪明宏さんなど多くの歌手にカバーされています。NHKの朝ドラ「花子とアン」でも使われました。(美輪さん版)

 

踊り子

1983年に村下孝蔵さんが歌った名曲。行き場のない恋の歌。不倫なのか?きれいな声と切ない歌詞がたまらないです。

 

見上げてごらん夜の星を

1963年に坂本九さんが歌った名曲。どんな苦しい時でも希望は必ずある。ささやかだけど小さいけど希望はきっとある。そんな歌。

 

 

Con Te Partirò(コン・テ・パルティロ

1995年にイタリアのアンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)さんが歌った名曲。サラ・ブライトマンのTime to Say Goodbyeのほうが多分有名。映画「アマルフィ」では主題歌としてブライトマン本人が出演しています。これは割と最近です。

この動画は2人のデュエットです。

チケット代10万円ぐらい払ってもこの劇場に見に行きたいです。

子供のころ聞いても何も思わなかったのに、今こんなにも響く。すごいです。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする(1)
  1. お父さんが大好きで小さいときよく聞いてました。「舞台の上でふらつく踊り子」なんか、切ないですよね。カラオケの十八番です。

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認