12月 032014
 
[記事公開日]2014年12月3日
[最終更新日]2016年6月28日

家庭におけるフィジカルアセスメントの事例

本屋に行ったらフィジカルアセスメントの本があった。

フィジカルアセスメンとは身体的な要因を診査すること。

簡単に言うと「体の異常がないか手を当てたりして確認すること」である。つまり熱があるときにおでこに手を当てるのもフィジカルアセスメントというわけだ。

ということは家庭でも事例がありそう!


Ads


フィジカルアセスメントの目的

看護師の嫁は、フィジカルアセスメントをする時に、刑事になったつもりで証拠を見つけるようにしているらしい。推理小説のように様々な検証をして証拠を集め、最終的に医者に伝えて逮捕(診断)してもらうのである。

なるほど。なかなかわかりやすい。

1380

 

看護師の嫁がしてくれた家庭内フィジカルアセスメントの事例

患者の訴え「ケツが痛い」

<関連記事>
痔かと思ったら尾てい骨が骨折(ヒビ)していた件

問診

<どんなことをするの?>

  • ケツのどこが痛いか
  • どんな痛みか
  • なにをしたら痛くなるか
  • ぶつけたり心当たりがあるか
  • ずっと痛いか痛みの波があるか
  • 熱いか
  • 便が出たのはいつか
  • 血は出てないか

<実際の様子>

「どこに遊びに行ったの?怪しい店に行ったんじゃないでしょうね!」

看護師の嫁

 

「行ってねーよ!」
でる

 

「一体いつから痛み出したというの?」

看護師の嫁

 

「昨日自転車に乗ってたら痛くなった」
でる

 

「長時間乗ってたんでしょ」

看護師の嫁

 

「うん、なんかケツというか骨が痛い感じ」
でる

 

「今も痛い?」

看護師の嫁

 

「いや今は痛くない。座ってる時に痛いんだ」
でる

 

「ふうん」

看護師の嫁

 

視診

<どんなことをするの?>

  • 皮膚のいろ
  • 出血の有無
  • 浸出液の有無、色、におい
  • はれていないか

<実際の様子>

なし

 

触診

<どんなことをするの?>

  • どこが痛いか
  • しこりがないか

<実際の様子>

「 どこが痛いの?・・この辺?」
看護師の嫁

 

「アイタタ!」
でる

 

「あー尾てい骨が打撲してるかもね。様子を見て痛かったら病院に行ったらいいよ」
看護師の嫁

 

打診
  • 骨を打診してどこに響くか

 <実際の様子>

なし

 

聴診

<どんなことをするの?>

  • いやだ

 <実際の様子>

なし

 

★ ★

看護師は家庭でもこうやってアセスメントしてるんですね。頼りになります。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認