5月 202014
 
[記事公開日]2014年5月20日
[最終更新日]2016年7月22日

経験を積んだ看護師のすごさを実感した話

経験を積んだ看護師のすごさ。

看護師はどれだけ人の命を救っているんだろうか?

看護師の嫁から仕事であった興味深い話を聞けたので紹介する。


Ads


松屋にて

夜10時の松屋。

今日は遅くなったので松屋で夜ご飯を食べていた。僕はいつもの牛焼肉定食。看護師の嫁は牛丼ミニと豚汁セットをチョイスした。

「疲れたー。本っっっ当に忙しかったよ。今日こそは定時で帰れると思ったんだけどな」
看護師の嫁

 

「なんかあったの?」
でる

 

患者の様子が気になる

久々に調子よく仕事が終わっていた看護師の嫁。「今日は久々に定時で帰れるかも♪」と、すでに仕事を終える準備にかかっていたのだが、ある患者の様子がどうも気になった。

看護師が困るのはどんな患者ですか?
※実際の出来事とは異なります

どうも嫌な予感がする。

医師(先生)に確認したときは「その件は大丈夫」と言っていたけど、なんか気持ち悪い。やっぱり先生に電話してもう一度聞いてみよう。

「もしもし、すいません先生、あの患者さんですが・・・というわけでもう一度確認していただけないでしょうか」

「よしわかった」

医師は外にいたが病院に戻って患者を診てくれた。

 

患者を急遽ICUに移動

嫁の心配はあたっていた。詳細は書かないがその患者は急遽ICUに移動することになり、嫁は患者の移動準備で大わらわ。定時で帰れると思ったのにそれどころじゃなくなった。

ε≡≡≡≡ヘ( ;´Д`)ノ

走り回っていると「〇〇さん!何か手伝うことありますか!?」と他の看護師スタッフがみんなで助けてくれた。いいスタッフで良かったと感謝して準備をすすめた。

結局終わったのは定時から3時間も過ぎた夜9時。

ようやく一件落着となった。

 

経験を積んだ看護師のすごさ

ここまで話を聞いて思ったのは、経験を積んだ看護師はすごいってこと。そして医師の信頼を得ているのも間違いない。

「いやーほんとに大変だったよ。忙しくて泣きそうだったんだから」
看護師の嫁

 

「うむ・・」
でる

 

「それでね」
看護師の嫁

 

(まだ終わらんのかな・・)
でる

 

牛焼肉定食を野菜のコーン1粒まで食べ終えた僕。そろそろ帰りたいと思ったけど嫁の話は終わらない。

仕方ないな。こうなったら明日は休みだし朝まで聞いてやるか。

( ´_ゝ`)

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認