5月 072014
 
[記事公開日]2014年5月7日
[最終更新日]2016年6月28日

1073

夜勤での恐怖体験。看護師なら誰でも一度は経験があると思う。

例えば真夜中の会議室にあるはずのないストレッチャーが置いてあったら・・。これは先日実際にあった出来事である。


Ads


真夜中のストレッチャー

泣く子も黙る午前2時いわゆる丑三つ時。嫁は備品の在庫を数えるために会議室に向かっていた。会議室は病棟の一番端にあるのでちょっと歩かなくてはならない。静まり返った夜の薄暗い廊下を嫁は静かに歩いた。

夜の病院

やがて会議室に着いた。備品を数えるだけだし入ってすぐのところにあるから電気はつけなかった。ドアを開けると部屋の中にストレッチャーがあった。なぜ会議室にこんなものが・・。

ストレッチャーにはまるで人が死んでいるようにシーツがかけられていた。嫁はそのシーツの中にあるのが「人体模型」であることを知っていた。人体模型とは新人教育などに使う人間と同じ背格好をした人形である。看護師になって以来もう何度も見たものだ。今更見たところで怖くもなんともない。

ふと周りを見回すと暗い会議室から静けさと冷気が漂ってきた。やばい急に怖くなってきた。恐る恐るシーツに手をかける。どうせ人形があるだけだ。怖くない!さあ、めくるぞ。

 

 

 

|д゚)チラッ

 

 

 

 

 

1074

 

 

 

 

 「ぎやああああああーーーっ」

(ノД`ll)

 

夜の会議室に嫁の悲鳴が鳴り響いたのであった。

 

ひどい目にあったよ

「ということがあったの。怖くない?」

看護師の嫁

 

「うむ」
でる

 

「そこにキイちゃんが、あぁキイちゃんていうのは人体模型の名前ね。いるのはわかってたのにすっごい怖かった」
看護師の嫁

 

「うむ」
でる

 

「会議室にストレッチャーの時点でちょっとびっくりしたんだけどさ。まったくひどい目にあったよ」
看護師の嫁

 

「うむ!!」
でる

 

看護師が見慣れているはずの人体模型ですが、状況によってはやっぱり怖いんですね。まだ夏でもないのにすっかり寒くなった嫁でした。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認