12月 112013
 
[記事公開日]2013年12月11日
[最終更新日]2016年6月30日

病院には必ずおいてあるナースコール。患者と看護師をつなぐ大事な連絡装置である。

今回は嫁の話を参考に、

看護師のナースコールあるある14個

を挙げてみた。


Ads


ナースコールとは

ナースコールとは、病院のベッドに設置されている呼び出し装置で、患者はボタンを押すことで看護師を呼んだり通話することができる。

頻回!看護師のナースコール あるある14個
ナースコールボタン

入院したら看護師から「何かあったらこのボタンを押して呼んでください」と説明される。患者がボタンを押すとナースステーション(詰所)につながり、看護師はどの病室のどの患者からのコールかわかるようになっている。

 

日勤はナースコールが頻回

ナースコールは病院になくてはならないものだが、日勤の忙しいときは1日中ナースコールが鳴りっぱなしになることもある。

いたずらも多い

また、用もないのに呼ぶいたずらも多いため、看護師たちは家に帰っても頭の中でナースコールが鳴り響いているという。

 

お待たせしました!
それではナースコールあるあるをどうぞ!

ε≡≡≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ

 

看護師のナースコールあるある14個

  1. 家に帰ってもコールの音が聞こえる
  2. 新人の頃はナースコールを取るのが怖かった
  3. 夕方はよく鳴る
  4. 休憩に入ったときに限って鳴る
  5. 出来たらあんまり鳴らさないで欲しい
  6. 用事は一度で済ませてほしい
  7. コールボタンに話しかけている患者がいる
  8. 行ってみたら「呼んでないよ?」と言われる
  9. 普段鳴らさない人が鳴らすのは隣の人がこけているとき
  10. 嫌な予感のするコールがある
  11. 誰もいないベッドから鳴るときがある
  12. 暇そうなのにナースコールを取らない看護師がいる
  13. 頻回に鳴ることを「頻コール」とも言う
  14. 普段からナースコールを鳴らされないような仕事をしたい

 ナースコール

あると思います。

(σ´∀`)σ

看護師あるあるネタまとめ

看護師さんの声
嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認