10月 062013
 
[記事公開日]2013年10月6日
[最終更新日]2016年6月28日

嫁と買い物に行ったとき、10人ぐらいの特攻服が公園でたむろしている現場に出くわした。最近あんまり見ない光景なのでちょっと異様に感じたのだが…

「ああいうやんちゃなヤンキー少年が入院してきたこともあるよ」

嫁が語り始めた。


Ads


看護師と少年患者の暖かいエピソード

入院患者は17歳のヤンキー少年

入院してきた17歳のヤンキー少年

嫁の病院に金髪・トサカ・そり込みという、コテコテのヤンキー少年が入院してきた。結構大きな事故だったらしいが本人はいたって元気。

「俺、車いすでドリフトできるぜ!」
(゚∀゚)

少年はとにかく動き回る。車いすで病院内を走り回ったり売店で長時間立ち読みしたり。見舞いにやってきた友達も一緒になって、もう何度も看護師に怒られたらしい。

「ああ早く退院してー」

元気が有り余る少年だったが実は大きな手術を控えていた。

 

手術を数日後に控えたある日の深夜。

夜勤の看護師が見回りに行くと少年はまだ起きていた。深夜2時だった。

「〇〇さんどうしたの?早く寝なきゃ」

「ねえ看護師さん…息がしんどいんです。しばらくそばにいてくれませんか」

やんちゃな少年は驚くほど素直だった。実は手術が近づいて不安が大きくなっていたのだ。でもそのことを親や友達には言えなかった。かっこ悪いと思ったから。

看護師はやさしく少年の話を聞いてあげた。30分ほど話して少年は安心して寝た。

 

いい話だ。

僕は看護師っていいなと思って聞いていた。

・・・

 

そこまで話して嫁はスマホをいじり始めた。

「あの…もしかして終わり?」

でる

 

「えっ。終わりだけど」

看護師の嫁

 

「ええー!続きは?少年はどうなったの?」

でる

 

別になにもないよ。普通に退院した」

看護師の嫁

 

「うっそーん!」

でる

 

★ ★

こういう話を聞くと、やっぱり看護師は白衣の天使なんだなーと思います。少なくとも僕たち患者にとっては。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認