8月 252013
 
[記事公開日]2013年8月25日
[最終更新日]2016年6月28日

看護師なら経験あるだろう恐怖体験。

今回は嫁が夜勤の時に体験したおしっこちびるほど恐かったエピソードを紹介しよう。


Ads


深夜2時の解剖室

深夜2時の解剖室

「なんで私が行かなきゃならないのよ」

他の病棟に備品を借りに行くことになった看護師の嫁。なんでこんなに嫌がっているかというと、そこに行くには解剖室の横を通らないといけないのである。

時間は深夜2時。いわゆる丑三つ時。

一人で通るには怖すぎる時間である。嫁は解剖室の前まで来て思わず立ち止まってしまった。深夜の解剖室は何とも言えない怖さがある。

(怖い、怖すぎる。でも行かなきゃ・・)

嫁は意を決して足を踏み出した。

 

鈴の音

鈴の音

「そしたらさ、“チリンチリン”って鈴の音がするのよ。私もう、めちゃめちゃびっくりして心臓飛び出るかと思ったよ!」

看護師の嫁

 

「えーマジかよ!」

でる

 

「最初は誰か人が来たんだと思ったの。ほらカバンとかに鈴付けてるじゃない。でもやっぱり誰もいないのよ」

看護師の嫁

 

「うんうん」

でる

 

「もう半泣きでなんとか用事を済ませたの。それで帰るときもそこを通るんだけど、また“チリンチリン”て音がするのよ!これこわくない?」

看護師の嫁

 

「それはこわいな」

看護師の嫁

 

鈴の音の正体

鈴の音の正体

そこまで話しておもむろにテレビをつけた嫁。バラエティを見始めた。なぜだか話をする気配がない。

「えっ・・・?ちょっ、もしかして話終わり?」

でる

 

「えっ。終わりだけど!」

看護師の嫁

 

「えええーーっ!オチなし?鈴の正体はなんだったの?」

でる

 

「そんなのわかるわけないじゃん」

看護師の嫁

 

「うっそーん!」

でる

 

★ ★

「おいっww」と思わずズッコケそうになるが、嫁がこうやってオチのない話をだらだらするのは機嫌がいい証拠だ。

それにしても夜の病院は恐いなあ。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする(1)
  1. こえー

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認