6月 222013
 
[記事公開日]2013年6月22日
[最終更新日]2016年7月25日

ズギュン!

看護師と患者の恋愛はあるんだろうか?

いつも笑顔で声をかけてくれる看護師さん。入院中はその優しさにハートを撃ち抜かれてしまう。

だって弱ってる時に優しくされるなんて、最も落ちやすいシチュエーションじゃないか。

僕は妄想が止らなくなった。


Ads


(以下妄想)

看護師に恋してしまった患者

その看護師さんはかわいいのに全然愛想がない人だった。話しかけても「そうですね」としか言わない。仕事なんだから愛想笑いぐらいしたらいいのにと、いつも思っていた。

ある日、看護師さんが僕の読んでいる本をチラチラ見ていた。

「本好きなんですか?」

「えっ、あ、はい」

 

 375

 

それをきっかけに話をするようになった。笑顔も少しずつ見せてくれるようになった。次第にひかれていく僕。もうその子に会いたくて仕方がない。入院中なのに自分の身だしなみが気になってくる。ああやばい・・。あの子と付き合いたい。

でも看護師さんにとって僕は単なる患者の一人。告白なんかしたら迷惑に違いない。でももうすぐ会えなくなるしなんとか気持ちを伝えたい。ああどうしたらいいんだ。・・そうだ手紙だ。手紙を渡そう。連絡先を書いておけば退院しても会えるかもしれない。

「あの!良かったらこれ読んでください」

「はい、ありがとうございます」

 

 376

 

拍子抜けするほど事務的な対応。すっかり落ち込む僕。きっと手紙なんてたくさんもらってるんだろうな。やっぱり手紙なんて渡すんじゃなかった。

それからは気まずくて話もしなくなった。そして退院の日。

「色々お世話になりました。それじゃ」

「はいお大事に」

うつむきながら部屋を出る僕。やっと退院できるのに、こんなに気持ちが晴れないなんて。やっぱり白衣の天使は妄想だったんだ・・。

 

「メールしますね」

 

振り向くと彼女は照れながら小さく手を振っていた。もう天にも昇る気持ちだった。それまでの暗い気持ちが一瞬でバラ色に変わった。*

「は、はい!ありがとうございます!」

人生山あり谷亮子。

久しぶりに見る外の世界は、以前より明るく見えた。

 

 

「妄想乙」

( ´,_ゝ`)プッ

 

嫁に実際のところを聞いてみた。

「恋愛に発展するケースも中にはあると思うよ。まあ、うちの病棟は年寄りばっかりだから関係ないけどね」

看護師の嫁

 

どうやら恋もへったくれもないらしい。

 

看護師さんの声
嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認