6月 172013
 
[記事公開日]2013年6月17日
[最終更新日]2016年7月22日

医師にも使えない人はいる?

ラーメンを食べに行ったある日、嫁がとある医師のことをdisりまくっていた。

「判断が甘く、指示もちゃんとできないので、非常に仕事がやりづらい」と。。

医師にも使えない人はいるのだろうか。


Ads


ちゃんと指示を出してください

「あの先生、本っっ当に使えないんだから。先生なのに何にもわかってない!おまえは何年病院で働いているのかと。もう腹が立って腹が立って・・・!」

看護師の嫁

 

「まあまあ。それは新人の医師なの?」

でる

 

「新人ってほどでもないよ!まあ私より経験ないけど

看護師の嫁

 

「ぺーぺーか」

でる

 

ぺーよ!ぺー!あんなもん!だって1から10まで全部教えないといけないんだよ?」

看護師の嫁

 

「ははは。お前らちゃんと敬語使ってんの?」

でる

 

「年下でも一応先生だから敬語は使うよ。でもねー、あれだけ使えないと態度も悪くなるよ!」

看護師の嫁

 

「なんか看護師の方が立場が強そうだなあ」

でる

 

「当ったり前よ!あんな使えないやつなんか医者として尊敬できないし。こっちは(中身)新人の先生に言われなくてもやることはわかってる。でも一応先生を通しておかないといけないから聞いてるだけで!」

看護師の嫁

 

「う、うむ」

でる

 

「それも『先生、こうでいいですよね?』って無理矢理言わせるから!だってあいつ全然わかってないんだもん。間違った指示されてまたやり直すのも時間のムダだし」

看護師の嫁

 

興奮が止らない嫁に、愛想笑いが精いっぱいになってきた僕。嫁がここまで興奮するのは月に1回あるかないか。これは相当、腹に据えかねたようだ。

嫁はdisり続ける。

 

何回お願いしたら指示を出してくれるのか

「医師として患者さんに指示して欲しいことがあってね、先生にお願いしてたんよ。先生聞いてくれませんかって。でも何回もお願いしてるのに全然聞いてくれないの!いい加減腹立って、『まだですか?もう聞いてくれませんか!いい加減!!』って問い詰めたの」

看護師の嫁

 

「う、うん」

でる

 

「そしたら『はあ、すいません・・・』みたいな。それでもまだ聞かないし!

看護師の嫁

 

「う、うむ」

でる

 

「『まー、じゃあもうちょっと待ちますけど』って。『何時になったもう1回言いますよ?』って」

看護師の嫁

 

「なんか怖いなあ・・・」

でる

 

「(食い気味に)そのぐらい言わないとねー!その指示を待って私たちが動くんだから。またやることが後手後手になって仕事が終わらなくなるんだから!」

看護師の嫁

 

「あっ、ふ、ふむ」

でる

 

「そしたらその”アホのぺー”はさー!違う患者に指示してるもんだから、夜勤の人に『先生この指示出てますけど違いますよね?」って言われてて」

看護師の嫁

 

「うん」

でる

 

「『えー、そんな指示だれが入れてるんですか?』って多分言ったんだろうね、『先生ですよね?だからこんな電話してるわけですけど』って言われててw」

看護師の嫁

 

「あはは」

でる

 

★ ★

だらだらと申し訳ない。

ただあまりにも激しく、僕が口をはさむ暇もないほどの勢いだったので、臨場感を出してみました。

使えない医師っているんですね。

知らなかったなー。

<関連記事>
看護師が仕事がやりづらいと思うドクターの特徴まとめ

看護師さんの声
嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認