5月 072013
 
[記事公開日]2013年5月7日
[最終更新日]2016年6月17日

震災で被災地に入った看護師の日記を紹介します。


Ads



221

JKTS
被災地へ医療スタッフとして行ってきました。
短い間でしたが貴重な体験となりました。
[1、被災地へ]から[14、From TOKYO]まで


震災直後に被災地へ医療スタッフとして行かれた看護師の日記です。10日間にわたる被災地での活動を、携帯のメモ帳に記録していたそうです。リアルな現地の様子が伝えられています。

途中で止められなくなって一気に全部読みましたが、最後の[14、From TOKYO]には約2,000のコメントがついていました。
出発前、リーダーナースとして指揮をとる方から全員に注意があります。

「想像以上に現場は壮絶。甘い考えやボランティア精神の人はここでリタイアしてください」

「現場ではどんな状況下においても絶対に泣かないこと。私達は同情しに行くんじゃない。看護、医療を提供しに行く。あなたたちが泣きたい気持ちなんかより現地の方々はどんなに泣きたいか。こんなに裕福な東京医療チームの涙なんて現地の人には迷惑や嫌味だからね」

へたれな私はもうこの時点でドヨーンとした思いでした。<本文より>

2年前の日記ですがぜひ読んでみてください。

<関連記事>
はてブで話題になった看護師系の記事をまとめて紹介

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認