3月 152013
 
[記事公開日]2013年3月15日
[最終更新日]2016年6月28日

激務は人生を幸せにする?

チュートリアルのお笑いDVDを探してamazonを見ていると、看護師の嫁が横から「私も買いたい本があるんだけど」と言ってきた。


Ads


激務は人生を幸せにするという本

めずらしい。嫁はあんまりネットで買い物をしない。というか嫁はネットをあまり見ない。スマホでちょこちょこ見るぐらいだ。そんな看護師の嫁がわざわざネットで買いたい本って一体何だ?

 

「“激務は人生を幸せにする”…っていう本なんだけど」

看護師の嫁

 

おいおい!なんて本だよ。それでなくても看護師として働き過ぎなのにそれを正当化するような本を買うなよ。激務は減らそうよ。せめて「ほどよい激務は人生を幸せにする」ならわかるけど。

仕方なくポチ。

3日後に本が届いた。

 

激務は人生を幸せにする

やれやれ。これ以上働こうと言うのかね…。

パラパラ見てみたが若き日のナイチンゲールのエピソードをもとに、看護師としての考え方・働き方のようなものが書いてあった。専門書というよりは啓発書のような感じ。

 

まあ内容は僕には関係ない。
問題はタイトルである。

“激務は人生を幸せにする”というタイトルが気に入らない。

 

著者によると“激務を強いられることを推奨するのではなくむしろ反対。自ら激務だと思う職場に身を置いて働く時間も必要ではないか”という意味らしい。能動的に仕事をしろってことか。しかもあえて忙しい環境で働けと…。

ようするに激務を強いられるのではなく、自分から激務に飛び込めってこったな。でもいつもいつもじゃなくて、人生にはそういう時間も必要だよっていうニュアンスで。

 

嫁はこれを看護師長に読むように言われたらしい。だからてっきり、

看護師長 「お前らこれから激務を強いるから覚悟しとけよ!」

 

という意味だと思ったんだが、必ずしもそうとは限らないかも知れないな。ちなみにあくまでタイトルの話ね。内容は激務のことはほとんど書かれていないので念のため。

 

でも僕としてはそんなことどうでもいい。

毎日健康でいてほしい。仕事に疲れて体を壊さないでほしい。心を痛めないでほしい。毎日笑顔でいてほしい。

何が言いたいのかわからない文章になってしまったけど、それだけです。

激務は人生を幸せにする ナイチンゲール病院経営学激務は人生を幸せにする ナイチンゲール病院経営学
松村 啓史

メディカ出版
売り上げランキング : 331706

Amazonで詳しく見る

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認