11月 172012
 
[記事公開日]2012年11月17日
[最終更新日]2016年6月27日

看護師の嫁はいわゆるできる女である。

一方の僕は普通というか出来ない部類に入る男である。

昨日、嫁が非常に機嫌よく帰ってきた。どうやら病院でいいことがあったらしく、帰ってすぐに「ねー聞いて聞いて!」と話しはじめた。


Ads


出来る嫁とできない夫のバランス感

内容としては、患者の様子がおかしい気がしたので、勤務時間が終わった先生に電話して、戻って来てもらったとのこと。しかも夜中に。そのおかげで患者は大事に至らずに済んだとのことだった。なかなかである。

先生「余人が言うのではない。ああいう人柄の御仁が言う。この夜中、押して診察して欲しいというのは、よほどのわけあいがあるのであろう」

先生(本多正信)

先生もこう言ってわざわざ戻ってきてくれたらしい。ようするに「〇〇さんが言うのだから何かあるに違いない」ということだ。そういう風に思われていたことが嬉しかったらしい。

確かに嬉しいだろうなー。認められてるわけだからね。これは単に勘が鋭いのではなく、経験からくる勘だろう。そして〇〇さんが言うのだからと言ってもらえる普段の仕事ぶり。

はっきり言って嫁は出来る女の部類に属している。

看護師の嫁

 

一方、僕は出来ない男のほうである。

でる

 

そんな二人なのになぜかバランスがいい。

収入も能力も負けているのに卑屈にならないでいられる。それはおそらく嫁の性格のおかげかなと思う。全然えらそうにしないし、身勝手なところもない。そして旦那である僕を何かと立ててくれている。お互いに自然でいられるのだ。ありがとう嫁。

最後に、嫁は私生活でも勘が鋭いです。僕の行動などはいつも先読みされています。帰宅後すぐにシャワーを浴びるとしつこく問いただしてきます。気を抜いてはならぬ。

嫁は看護師ブログをフォローする



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1"
使える!おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事 看護のお仕事
人気の秘密はサポート対応の丁寧さと転職ボーナス12万円。顧客満足度が非常に高い


離島応援ナース ナースパワー
看護師転職や離島応援ナースなどのお仕事です。



更新情報はツイッターかフェイスブックで

icon-twitter-square嫁は看護師のTwitter(deed_rit_)をフォローする



コメントはこちらからどうぞ

+この記事にコメントする (0)

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



管理人について

ブログを書いてる人 : でる
好きなこと : ハワイ/ウォーキング/筋トレ/デイキャンプ/さまぁ~ず/チュートリアル/ビール/織田裕二
ひと言 : 将来は二人でカフェやりたい
サイトマップ
嫁は看護師ブログについて

■ご意見ご要望
ご意見ご要望や、こんな記事が読みたい、読者の看護師さんに質問してみたいなどお待ちしております。

メールアドレス(任意)

お名前

コメント

確認